ブログ「地球生活」は、「地球生活NEO」として生まれ変わりました。

地球生活NEO
http://neoearthlife.com


大鹿村コミュニティ

私が4ヶ月間お世話になっていた「大鹿ふりだし塾」がある
長野県の大鹿村というところは、もともと昔から住んでいる村民以外に、
ヒッピーカルチャーやカウンターカルチャー全盛の時代に
国内外のいろいろなコミューンで生活していた人や旅人などが移住先を求めて
1980年代頃から少しずつ移り住み始めて、
その友人、知人がまたやってきてという感じで入村者が増え、
その入村者同士のつながりから、
とてもゆる〜いコミューンが形成されているようにも見える
知る人ぞ知るとてもおもしろい村です。

居候がよく来るような家がふりだし塾の他にもけっこうあるようで、
こういう感じの村なので音楽好きや旅好きなどいろいろ個性的で変わった人たちが、
自然と集まってきてしまうのも大鹿村の特徴だと思います。

ふりだし塾の主人ゲタさんも学生運動をしていたり、
ヒッチハイクで何年も旅をしながら、
世界各地のコミューンで生活したりしていた人です。

60年代、70年代のいわゆるヒッピームーブメント当時のことは、
私にとっては映像や活字で知る程度だったので、
実際にその時代を体験したゲタさんのような人の
学生運動の話や、旅やコミューンの話などはとても興味深かったです。

入村者には、ゲタさんのように自分で家を建てて住んでいる人も多く、
ミュージシャンや音楽好きも多いので、時々自分の家や敷地内で
ライブやイベントを開催したりもしています。

私がいた時は機会に恵まれませんでしたが、
ふりだし塾でも夏場などはライブやイベントをすることもあるそうです。


ライブといえば、ゲタさんの息子のタケルがミュージシャンで、
つい先日東京は代々木公園で開催された「春風」のステージで唄っていました。

ふりだし塾で会った人や大鹿村関係の人も何人か来ていて、
私個人的にはだいぶ盛り上がりました。


ゲタさんとタケルのような大鹿村の親子見ていると、
世間一般的な普通の親子の関係とはちょっと違って見えます。

私は大鹿村の他の家族も目にする機会がありましたが、
やはりそれは入村者のどこの家も共通で、
親の世代と2世の世代の人間が友達のような対等な関係で、
それぞれがお互いにあだ名や名前で呼び合っています。

そうかといってどこの家も親にはどこか威厳があり、
2世世代は年長者を大切にするというか、
親を敬う感覚は常に持っているという感じの理想的な関係が
築けているように見えました。

これは元祖ヒッピーともいえる人たちが親で、
そんな感じの人が集まった大鹿村という環境で育った子どもたちという、
他ではなかなか見ることができないコミュニティが
できあがっているからかもしれません。

これからの時代は新しい共同体が次々とできて、
それが生活単位の主流になっていくという話もありますが、
大鹿村の入村者同士のつながりは、
コミュニティの一つの形と言えると思います。
Check このエントリーをはてなブックマークに追加



Posted by Homa | comments(0) trackbacks(0)

レイヴパーティー

数年ぶりにパーティーに行ってきました。

ここでいうパーティーとは、レイヴパーティーのことで、
さらに言えばサイケデリックトランスパーティーのことです。

ご存じない方のために補足すると、
レイヴパーティーとは野外の音楽イベントのことです。

「野外」というところがポイントです。

今日行ったのは昼ごろスタート、夕方までのフリーパーティーでしたが、
自分の好みの音ではなかったので正直いまいちでした。


数年前まではこの類のパーティーによく行っていました。
長野、山梨、青梅、伊豆、お台場、代々木公園などなど
大きいものから小さいものまでいろんなところで踊っていました。

ヒッピーの聖地として有名なインドのゴアに行って、
年越しの一カ月くらいパーティー三昧の日々を過ごしたこともあります。


今日は数年ぶりに野外のパーティーに行ったことで
その当時のことを思い出し、
懐かしさがこみ上げる一日となりました。


私が自然を感じるのが好きなのも、
空と大地、太陽と月に何か特別な意味をつけるようになったのも、
すべてパーティーが原点のような気がしています。



月や星空を眺めて踊っていた時間が過ぎ、
いつの間にかあたりがうっすらと見えることに気が付く感覚。

次第に明るくなり、東の空に輝く太陽を見つけたときの興奮。

そして、灼熱の太陽の光を全身に浴びて、
そのエネルギーを感じながら、大地を力強く踏みしめて踊るあの一体感を
レイヴに行ったことのある方は共感できると思います。


自然と一体となって音楽に身を任せるのがレイヴの素晴らしいところです。


パーティーはクラブなどの室内でもありますが、
私は野外、特に自然の中で踊るからこそ意味があると思っています。

私の場合、自然への畏敬、感謝、そして自分が自然の一部という感覚が生まれ、
自然の中で生活がしたいと思うようになったのも、
レイヴカルチャーやヒッピーカルチャーの影響が少なからずあるはずです。


若い時期にレイヴに傾倒していたことが、
私の今の価値観の一部を形作っていることは間違いなく、
まさに運命的な、必然の数年間だったと今あらためて実感しています。



ちなみにレイヴパーティーとはこんな感じ↓

Check このエントリーをはてなブックマークに追加



Posted by Homa | comments(0) trackbacks(0)
PROFILE




RECOMMEND
黎明
黎明〈上下巻〉
指導者用の教科書としても高い評価を得ている、精神世界の百科事典。悟りを得た人は世界をどのように見ているのか?数あるスピリチュアル関係の本の中でも本書は群を抜いています。
>この本について書いた記事を読む

呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想
呼吸による癒し
ブッダの教えに基づき瞑想のレベルを段階的にとても丁寧にわかりやすく解説している名著。瞑想の深さに応じて本書の価値も高まります。

ガイアの法則
ガイアの法則
古代シュメールの叡智(ガイアの法則)によれば、新しい文明の中心は東経135度線、つまり日本。宇宙原理、あらゆる生命体、時間と空間の謎が氷解する目から鱗の一冊。

タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域から迸る秘密の力 (5次元文庫)
タオ・コード―老子の暗号が語り出す
隠された老子の教えを古代より純粋に継承した、超意識へと覚醒した人々が暮らす秘境の村で、著者が体験したワンネス意識の詳細な描写は必読です。

世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
心の性質をとてもわかりやすい文章で表現しています。特に自我(エゴ)について書かれている章は必読です。

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
「今にある」ことに重点をおき、一冊まるごとエゴについて書かれた本です。

ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来 (5次元文庫)
ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来
ネイティブアメリカン長老の次元を超越した世界をリアルに表現したノンフィクション。トム・ブラウン・ジュニアの最高傑作。

私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ (超知ライブラリー)
私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ

ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ(改訂版)―
ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ

アミ 小さな宇宙人
アミ 小さな宇宙人
全3部作すべておすすめ!

あるヨギの自叙伝
あるヨギの自叙伝

神秘学概論 (ちくま学芸文庫)
神秘学概論

ミュータント・メッセージ (角川文庫)
ミュータント・メッセージ

アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年


CATEGORIES
RECENT ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
スポンサードリンク

OTHERS


地球生活