ブログ「地球生活」は、「地球生活NEO」として生まれ変わりました。

地球生活NEO
http://neoearthlife.com


「ガイアの法則」「タオ・コード」 千賀一生 著

すごい本に出会いました。

ガイアの法則
タオ・コード」 千賀一生 著

私はスピリチュアル、精神世界関連の本を好きでよく読みますが、
これほど衝撃的で、感動した本にはなかなか出合えません。


私が最初に「ガイアの法則」に興味を持ち、実際に読んでみようと思ったきっかけは、
“東経135度”というキーワード。

東経135度線は、兵庫県の明石市を通る日本標準時の子午線としてもおなじみです。

この混沌とした崩壊寸前の現代社会を救う救世主は日本から現れるとか、
新しい時代の扉をひらく鍵は日本が握っているといった内容の話を
誰かに聞いたり何かで読んだりしたことがある人は少なくないと思います。

「ガイアの法則」も同じようなことを題材にしているという点では何も特別ではありませんが、
そこへと至るアプローチの仕方が他のものとは一線を画しているのです。

この手の話の多くはいきなり「予言」や「チャネリング」という形で明示され、
特に何か根拠があるわけでもなく、根拠があったとしても、神の血統を継ぐというような
選民思想的な話になりかねません。

一方「ガイアの法則」は、まるで方程式を解いていくかの如く理路整然と一つ一つ順序立てて、
他ではあまり語られることのない「なぜ日本なのか」という部分について詳細に書かれています。

古代から現代までの文明の年代や中心地を見ていくと、
人類の文明というのは1611年ごとに地球の経線を22.5度移動しているらしく、
この法則どおりに行くと次の文明の中心地は、東経135度と導き出されるのです。

そうです。つまり日本ということになります。
(オーストラリアとかニューギニアとかも通るんですけどね。。)

これだけだと単なる偶然、こじつけの域を出ませんが、これだけでは終わりません。

なぜ、1611年ごとなのか。なぜ22.5度なのか。

こうした一つ一つのすべての必然性を明確に語りながら、
宇宙の原理とも言える一つの法則へと話は進み、
最終的には、宇宙との一体化や愛といった壮大なスケールで話は展開して行きます。


次の文明の中心が日本という内容が興味深いのはもちろんですが、
それ以上に、宇宙の根本原理、惑星、素粒子、そしてあらゆる生命体は、
全宇宙を貫く「スピン」という法則ただ一点に集約されるということが
私にとっては最大の衝撃であり、感動でした。

そして、宇宙には意識があり、限りない愛で満たされていることが、
今まで以上に深く理解でき、納得することができました。

これは宇宙や惑星、原子や電子はすべて軌道を描き回転する同じ構造を持っているという
単なる物理学的な話ではなく、それも内包したすべての次元に及ぶ叡智です。

すべてをただ鵜呑みにし、盲信しているわけではありませんが、
誰の頭にもあるつむじ、巻貝、渦潮、竜巻や台風、DNAから銀河まで、
一つの謎とされている自然界に多く存在するこうした渦巻きやらせん構造も、
この本にゆるぎない説得力を与えてる気がします。


そして、もう一冊。「タオ・コード」

こちらはアマゾンの評価も良いし文庫で安価ということもあって、
「ガイアの法則」のついでに読んでみようという気持ちで読み始めたところ、
ぐいぐいとその内容に引き込まれ、一気読みしてしまいました。


私はタオに触れるのはこの本がはじめてで、
老子書が世間一般的にどう理解され、どんな位置づけにあるのかも知らず、
なんの予備知識も先入観もない状態で読むことができたので、
老子書の暗号の解読や新解釈ということに関してはなんの抵抗もありませんでした。

むしろ、性の本質を主軸に据えた人や自然との一体感、
そこからつながる宇宙の真理をも含む本書の解釈こそがごく自然であるようにさえ思えます。

この本は、隠された老子の教えを純粋に継承し、生命の悦びに満ち溢れ、
超意識へと覚醒した人々が暮らす中国雲南省の山岳地帯の秘境の村で
20数年前の著者が実際に体験したノンフィクションだそうです。

この混迷を極めた現代の地球上にこうした意識の中で生きている人々が実際にいることは、
人類にとって大きな希望であり、とても喜ばしいことだと思います。

この本は私に大きな感動を与えてくれましたが、その中でも特に感動的だったのは、
村の祭りで著者が体験したいわゆるワンネス意識のみずみずしくてリアルで詳細な心理描写です。

著者の感動が読んでいるこっちにもダイレクトに伝わってくるような感じで、
私も高揚し、恍惚感に満たされ、著者の心理をリアルに追体験しているような
不思議な感覚に包まれました。

これは「ガイアの法則」を読んでいる時、
特に著者が宇宙意識と一体化している描写を読んでいる時も同じ感じでした。

不思議な本です。


この2冊に引き続き、最近出版された「ガイアの法則」も読んでみようと思っています。



著者の千賀一生さんは、「わの舞」を主宰しています。


「わの舞」とは・・・(HPより引用)

-------------------------------------------------------

遠い遠い昔、わたしたちは誰もが踊っていました。
自然の中で、みんなで、
しあわせな感覚につつまれて…
 
現代のわたしたちは忘れてしまったけれども、
わたしたちの中には、その記憶が眠っています。
 
言葉や理屈を超えて、
ただいるだけで通じ合え、一つになれる世界…
 
もう一度、
あの懐かしい世界にもどってみませんか?
そう、今も先住民の人たちの文化の中に潜む
あの豊かなこころの世界へ

-------------------------------------------------------


詳しいことはわかりませんが、
千賀一生さんが中国の秘境の村の祭りで体験した踊りを再現しているのではないかと思います。

ワンネスを体験した踊りというだけでも非常に興味をそそられますが、
この「輪」になって踊るという形が「ガイアの法則」のスピンにも通じるものがあるし、
さらに言うと、最近話題の映画「THRIVE(スライブ)」で取り上げられている、
フリーエネルギーやUFOの推進原理とも言われる「トーラス構造」と同様の作用があると、
千賀さんがホームページで書いています。

まずは体験してみないことには何もわからないので、
機会があれば参加してみようと思っています。


関連リンク

「ガイアの法則」千賀一生 著
「タオ・コード」千賀一生 著

「わの舞」(ダンス・イン・ワン)HP

映画「THRIVE(スライブ)」日本語 YouTube (消えているかもしれません)
Check このエントリーをはてなブックマークに追加



Posted by Homa | comments(0) trackbacks(0)

山の民サンカ(山窩)と五木寛之「風の王国」

サンカ(山窩)とは、川魚や山の幸などを狩猟採集しながら、
季節に応じて日本の山の中を放浪生活していた人々のことです。

セブリ(瀬降り)といわれ、独自のテントを張って生活することもあり、
竹細工で農作業に使う箕を作ったり直したりして里の人とも交流があったそうです。

日本が急速に近代化される中でも戸籍を持たず、
昭和に入ってからもその生活スタイルを続けていたといわれています。


私はアイヌ関係の本の中で、このサンカという人々の存在をはじめて知りました。

日本の原住民といわれる縄文人は、大陸からの渡来人である弥生人に住むところを奪われ、
山間部や東北、北の大地へと追いやられていったという歴史がありますが、
一説ではアイヌは縄文人の末裔とも言われています。

そして、このサンカと呼ばれる人々もアイヌと同様に原日本人だという人もいます。


西表島でのキャンプの記事などでも書きましたが、
私には自然と一体化したい、自然の中で生きたいという欲求があり、
究極は自然の中に身ひとつでほっぽり出されても生きていける術を身につけたい
という願望があります。

また、私は迷うことなく海より山が好きで、住むなら森や山の中がいいと思っています。

映画「もののけ姫」のなかで主人公のアシタカが
旅立つ前に暮らしていたような集落で生活するのが私の理想です。

そんなところから、私はサンカの人々が山の中を縦横無尽に移動しながら
生活をしていたというところに大変興味があるのです。

しかも、昭和に入ってもそういう人たちがいたというのが驚きです。

ちなみに、アシタカは大和朝廷に追われて北の地の果てに隠れ住んでいた
エミシ(蝦夷)という設定なんだそうですが、蝦夷は日本の土着民ですので、
アシタカも縄文人を祖先に持つといわれるアイヌやサンカと同様、
原日本人ということになるのです。

サンカについていろいろ調べてみると
私の興味のあることがらが、すべて縄文や原日本人というキーワードで
結びついてることがわかりました。


さらに、サンカのことがとてもうまくわかりやすく書かれている参考資料として、
五木寛之の「風の王国」というサンカを題材にした小説があることを知り、
早速読んでみました。

「風の王国」では、サンカは現代になっても
二上山を聖地とする二上講として存在しているという設定で、
山伏や修験道のような集団という感じで描かれていてます。

読んでいるとつい、そういう団体が実際に存在するような気にさせられます。


二上講では「歩く」という行為が行のひとつとされていますが、
五木寛之さんはこの小説で、サンカを題材にして
「歩く」ということをひとつのテーマとして書きたかったと語っています。

私は機会があれば登山もしますが、
山を歩くという行為が何か神聖な感じがしながらもどこかで修行のような感覚があり、
普通は5合目から登る富士山もわざわざ麓から登ってみたり、
修験道の修行の道として知られる熊野古道の大峯奥駆道を縦走してみたりと、
過去世では修験者だったことがあるのではと自分で思うこともあります。

富士山も奥駆道もとにかくひたすら歩いたという記憶があり、
歩くことがひとつの行とされるのは理解できる気がします。

比叡山に千日回峰行という荒行があり、私も前から気になっていたのですが、
五木さんはその行を満行した僧と合って話したこともあるそうで、
「風の王国」はそんなところともつながりがあるのかもしれません。

もちろん、サンカの精神性や歴史などいろいろ詳しい記述もあるので、
興味ある方にはおすすめの本です。



また、以下のサイトもとても参考になります。

サンカ(山窩)を考える
http://www.kumanolife.com/History/kenshi1.html

山窩(サンカ)とは何か
http://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-23.html

サンカの最後の一人という人の記事
http://www.gyouseinews.com/index.php?option=com_content&view=article&id=63:2009-07-09-00-51-51&catid=35:2009-07-08-21-53-34&Itemid=56


Check このエントリーをはてなブックマークに追加



Posted by Homa | comments(1) trackbacks(0)

電子書籍「ザ・チケット」はおすすめ!

知人にすすめられて、電子書籍「ザ・チケット」を読みました。

これまでに読んだスピリチュアル、ニューエイジ、精神世界系の本の中でも、
意外にも「ザ・チケット」は久しぶりに大興奮、アドレナリン大放出の一冊となりました。


この本はひと言でいえば、願望達成についてあれこれ書かれた本です。


こう書いてしまうと、単なる自己啓発本を連想してしまうかもしれませんが、
この本のすごいところは、その願望達成のメカニズムを説明するために、
人間の「エゴ」についてとことん書かれているという点です。

そのうえ、言葉のチョイスも的確でかなり直球、理路整然な文章なので、
非常にわかりやすく、説得力があります。


数年前に大流行した「ザ・シークレット」など引き寄せ関係の本では、
願望達成には、すでに願望を達成した状況をいかにリアルにイメージするか
という部分が重要とされていましたが、
実際問題、このリアルにイメージするという作業は
そう簡単にできることではないと多くの人が感じていると思います。


その点「ザ・チケット」では、それを前提に話が展開されているし、
著者自身、効果絶大と言っている
願望達成するためのメソッドなどもたくさん紹介されていて、
どれもシンプルで簡単にできるものばかりなので、
そういう願望達成の自己啓発的な要素を求めてる人も満足できる内容です。


この本によれば、願望達成を妨げている最大の要因はエゴで、
紹介されているメソッドは、いかに願望を
そのエゴの影響下の外に出すかという視点からすべて構成されているので、
願望達成のメソッドであると同時に、エゴと上手に付き合うためのメソッドにもなっていて、
ただ願望達成するための方法を模索している人だけでなく、
とにかく「エゴ」に関心がある人には全体を通してかなり読み応えがあると思います。


私にこの本をすすめてくれた知人と同様、
私も「ザ・チケット」を読んでエゴについての理解が深まったと感じています。

また、人間はまったく意味のない固定観念にいかに縛られているかということを
あらためて痛感させてもらいました。


そしてそのほかに、瞑想の重要性にも、また違った視点から再認識することができました。


紹介されているメソッドの一つに「今、この瞬間を感じる」というものがあります。

精神世界、スピリチュアルに関心がある人なら、
何度も目にし、耳にしたことがあるキーワードだと思います。


具体的なやり方は本を読んでいただければと思いますが、
その内容はいわゆる瞑想と考えていいと思います。

このメソッドの目的の一つは、思考を停止させて
未来や過去を行ったり来たりしている意識を「今この瞬間」にとどめ、
実際は「今この瞬間」にだけ存在する本来の自分を実感することにあります。


思考は、イコール、エゴですので、思考を停止させるということは、
つまりその瞬間、エゴの領域の外にいる状態ということになります。


このエゴの領域の外にいる機会が増えていくと、
毎日安心して過ごせたり、穏やかな気持ちでいられるだけでなく、
なぜか物事がスムーズに行くようになったり、
望んでいたことより、もっと好ましいことが起きるようになるという具合に、
日々の生活にどんどん幸せな現象が現れてくると筆者は言います。


瞑想にもいろいろあるので、ここでは瞑想を、
「今この瞬間を感じる」行為と定義しておきますが、
私は今まで瞑想というものは、瞑想中に体験する意識の状態に意味があり、
その体験を深めていくことが瞑想の目的だと思っていました。

でも、この本に書いてあるように瞑想が瞑想中の意識の体験だけにとどまらず、
先に書いたような形で日々の生活にも変化をもたらす効果があるとなると、
私の場合、瞑想に新たな目的と動機ができ、
いままで以上に瞑想の機会を増やそうという気にさせてくれて、
このことだけでも読んだ価値がありました。



・・・まあ、いろいろ書きましたが、とにかく一読の価値がある本です。



電子書籍「ザ・チケット」はこちらで購入できます。

電子書籍,電子出版の「でじたる書房」
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/9789

まぐまぐ!マーケット
http://www.mag2market.com/file/830/


「ザ・チケット」の著者、108さんと読者の
質疑応答をまとめたブログもあります。

ひゃくはち質疑応答
http://blog.goo.ne.jp/hyakuhachi/

108質疑応答まとめブログ
http://blog.goo.ne.jp/hyakuhachi-matome
Check このエントリーをはてなブックマークに追加



Posted by Homa | comments(2) trackbacks(0)

黎明 葦原瑞穂著

これまでにも精神世界、スピリチュアルの本はいろいろ読んできましたが、
その中でもつい先日読んだ本は、世の中の法則や仕組み、全知全能、
そしてアセンションという部分でもかなり詳細な内容が書かれていました。

それが、このブログのサイドバーでも紹介している「黎明」です。


この本は上下巻の2冊あって、下巻の帯にこう書かれています。

「・・・人類永遠のテーマ“普遍意識の目覚め”に真正面から取り組み、
文字で語り得る最高の真実が遂に完成!」

この“文字で語りうる最高の真実”という表現がとてもしっくりくる内容です。


ルドルフ・シュタイナーの「神秘学概論」を読んだ時も、
その具体的な内容に驚かされましたが、「黎明」
宗教以外でスピリチュアルな世界の勉強をする学校がもしあるとすれば、
そこの教科書に採用されるくらい広範囲にわたり
論理的にわかりやすく詳細が書かれています。


非常に説得力があり、とても安定感があります。


この本さえ読めば、他にスピリチュアルに関する本は
何も読む必要はないという人さえいるそうですが、
それは決して言い過ぎではないと思いました。


私は、抱きしめる聖者として知られる
アンマのダルシャンを受けたことがありますが、
彼女に関することも、マーター・アムリターナンダマイ大使として
この本ではけっこう頻繁に紹介されています。

この本を読んで、アンマのような聖者と呼ばれる人が、
どういった存在なのかを知ることができました。

スピリチュアルな世界の知識がいくらあったとしても、
自分自身の中での気づきを重ねていかなければ
霊的成長に直接の関係はないそうですが、
知識があるのとないのとでは、この三次元世界の見え方、捉え方、
さらに言えば毎日の生活、生き方までがやはり大きく変わってくると思います。

いまこの文章を読んで、「黎明」を知った方、
読むか読まないかはあなた次第ですが、何も迷う必要はありません。
どうやらこの本を読む人ははじめから決まっているようです。

少しでも興味がある方は、ぜひ一読をお勧めします。
Check このエントリーをはてなブックマークに追加



Posted by Homa | comments(0) trackbacks(0)
PROFILE




RECOMMEND
黎明
黎明〈上下巻〉
指導者用の教科書としても高い評価を得ている、精神世界の百科事典。悟りを得た人は世界をどのように見ているのか?数あるスピリチュアル関係の本の中でも本書は群を抜いています。
>この本について書いた記事を読む

呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想
呼吸による癒し
ブッダの教えに基づき瞑想のレベルを段階的にとても丁寧にわかりやすく解説している名著。瞑想の深さに応じて本書の価値も高まります。

ガイアの法則
ガイアの法則
古代シュメールの叡智(ガイアの法則)によれば、新しい文明の中心は東経135度線、つまり日本。宇宙原理、あらゆる生命体、時間と空間の謎が氷解する目から鱗の一冊。

タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域から迸る秘密の力 (5次元文庫)
タオ・コード―老子の暗号が語り出す
隠された老子の教えを古代より純粋に継承した、超意識へと覚醒した人々が暮らす秘境の村で、著者が体験したワンネス意識の詳細な描写は必読です。

世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
心の性質をとてもわかりやすい文章で表現しています。特に自我(エゴ)について書かれている章は必読です。

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
「今にある」ことに重点をおき、一冊まるごとエゴについて書かれた本です。

ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来 (5次元文庫)
ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来
ネイティブアメリカン長老の次元を超越した世界をリアルに表現したノンフィクション。トム・ブラウン・ジュニアの最高傑作。

私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ (超知ライブラリー)
私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ

ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ(改訂版)―
ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ

アミ 小さな宇宙人
アミ 小さな宇宙人
全3部作すべておすすめ!

あるヨギの自叙伝
あるヨギの自叙伝

神秘学概論 (ちくま学芸文庫)
神秘学概論

ミュータント・メッセージ (角川文庫)
ミュータント・メッセージ

アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年


CATEGORIES
RECENT ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
スポンサードリンク

OTHERS


地球生活