ブログ「地球生活」は、「地球生活NEO」として生まれ変わりました。

地球生活NEO
http://neoearthlife.com


八ヶ岳UFOコンベンション2011


北海道から帰ってきて1週間後というタイミングで、
山梨の八ヶ岳の麓、小渕沢で開催された「八ヶ岳UFOコンベンション2011」に参加してきました。

八ヶ岳UFOコンベンションチラシ

こんな感じのイベントです。(画像はクリックで拡大)


地球がアセンションした暁には、愛にあふれた宇宙連合に参加する、という話を
本で読んだり、人に聞いたりしたことがある人も少なくないと思います。

実際に、3.11の大震災以後、日本各地でUFOの目撃情報が多発しています。

2011年5月8日に新宿で大量のUFOが目撃されたのは有名な話ですが、
これが実際に撮影された映像です。



ほかにもYouTubeで検索するといろいろ出てきます。


UFOや宇宙連合のことも気になりますが、
私がこのイベントに参加したいちばんの目的は、永留祥男さんの講演です


このブログのサイドバーでも紹介している本、「黎明」は
精神世界、スピリチュアルな世界のことに関して、
とても緻密に広範囲にわたって非常に丁寧に書かれていて、
他に類のない私のバイブルでもあります。

「黎明」の著者、葦原瑞穂さんはペンネームで正体不明の人なんですが、
なんとこのイベントに講師として来る
永留祥男さん同一人物ということを聞き、
とても興味を持ったというわけです。


永留さんの講演内容は「宇宙人の文化」。

とても引き込まれる内容盛りだくさんでした。

このブログのサイドバーでも紹介しているこちらの本、
私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ
の内容を引用する場面もあり、私個人的には永留さんが引用したということで、
この本の信憑性も確認できました。


永留さんは講演の最後に、すべてを受け入れ
一つ一つのことに愛を持って日々の生活を送ることがなによりも大切と仰っていました。

つまり、カルマヨガの実践です。

これは著書の「黎明」にも同じことが書いてあります。

この激動の時代にあって何か特別なことをしなければと思いがちですが、
私は永留さんのこのスタンスがとてもしっくりくるのです。

カルマヨガに関してはこちらの記事を参照下さい。


で、実際に拝見した印象はTシャツ一枚のちょっと不思議な感じの人。

夜の部では外に出てみんなでUFOを呼ぶ時間があり、
けっこう冷え込んでいてみんなそれぞれ防寒着を着こんでいる中で、
驚いたことに永留さんだけTシャツ一枚のままで、まったく寒そうな様子もなく
普段どおりの涼しい顔をしていたのを私は見逃しませんでした。

やはり只者ではなさそうです。


ちなみにUFOは肉眼では確認することはできませんでしたが、
写真を撮ると写ってる場合があると聞き携帯カメラでおもむろに夜空を撮ってみたところ、
なんともビミョーな写真が撮れてしまいました。

UFO?


真ん中に光るのは月。月の右下になにやら発光体が写っています。

もちろん肉眼では月の周りには何も見えなかったので、星ではないことは確かです。

レンズのフレアと考えることもできますが、UFOではないとも言い切れない感じです。


夜の部後半は同じ出身星同士で集まってのディスカッション。

自分の出身星がわからない人は
講師の一人、アカシックリーダーの中津川昴さんに聞くことができました。

私はてっきりよく名前の聞くシリウスとかプレアデスと言われると思っていたのですが、
中津川さんによれば私の出身星は銀河系外のソンブレロ星雲というところらしいです。

ソンブレロ銀河
ソンブレロ星雲(ウィキペディアより)

やはりプレアデスやシリウス、オリオンなどは多く、
それ以外でも大方の人は同じ出身星の人が他にもいる様子でしたが、
ソンブレロ星雲は60人くらいの参加者の中で私一人でした。

私は変わっていると人に言われることがたまにありますが、
自分の出身星を知って何となく納得がいきました。

かなりレアな場所なのです。

グループ分けでは「その他」でした。

ディスカッションの内容は、地球が宇宙連合に加盟するための条件として
実際に提示されているらしい5つの問題について。

1、エネルギー 2、核・戦争 3、食糧 4、環境 5、人口

これらの問題について宇宙人として地球に自由に意見を言うという設定で、
最終的にまとめられた意見では、出身星ごとの性格がよく出ていて面白かったです。


また、翌日のアカシックレコードお茶会にも参加しました。

アカシックレコードリーダーの中津川さんが、参加者一人一人をリーディングして、
過去世や未来のことについてなどを教えてくれるという催しです。

公開リーディングだったので、
参加者同士でいろんな過去世のつながりがあったりしてとても盛り上がりました。

ちなみに私は古代エジプトでピラミッドの建設に関わっていたことがあるそうです。

未来のことについては具体的な日付まで出てきたりもしていました。

受け取り方は人それぞれで、私はあくまで情報の一つとして受け取るつもりでいますが、
個人的にはいろいろとわくわくすることが聞けたので良かったです。


とても楽しく、有意義な2日間でした。

次回も縁があればまた参加したいと思っています。




Posted by Homa | comments(8) trackbacks(0)

ガイアシンフォニー【地球交響曲】第七番上映会


ガイアシンフォニー最新作第七番の上映会が、ニセコにいたときにタイミングよく
ニセコの公民館で開催され、みんなで行ってきました。


地球交響曲第七番 予告編


地球交響曲(ガイアシンフォニー)は、「地球はそれ自体がひとつの生命体である」という
考え方に基づいて、龍村仁監督によって制作されたドキュメンタリー映画シリーズで、
環境問題や人間の精神性に深い関心を寄せる人たちのバイブル的存在となっています。

私はDVDで何編か見たことはありましたが、上映会という形で見るのは今回がはじめてです。


当日会場では上映の前に、プロデューサーの龍村ゆかりさんと
先住民族のドキュメンタリーを撮っている床田監督、
上映会主催の災害救援ネットワーク北海道の方たちによるトークショーがありました。

トークショーでは、会場予定だった奄美大島が豪雨により被災し、
急遽霧島で開催されることになった「13人のグランドマザー会議」のときの話や、
その後で起こった東日本大震災、そして災害支援の話などがありました。

私個人的には、先住民族の人達はいま地球が大変な状態にあることはすべて把握していて、
植物の種を高い安全な場所に保管するなど、いつ何が起こっても大丈夫なように
万全の準備をしている、という床田監督の話が印象的でした。



ガイアシンフォニーは毎回どんな人物が登場するのか非常に興味深いですが、
最新作の第7番はこの方たちです。

●アンドルー・ワイル博士
世界各地の伝統医療と西洋近代医学を統合する「統合医療」の世界的第一人者。世界的ベストセラー「癒す心、治る力」の著者。

●グレッグ・レモン
世界のあらゆるスポーツの中で最も過酷な競技だと言われている自転車レース「ツール・ド・フランス」のチャンピオン。全身に散弾銃を浴び瀕死の重傷を負いながらも、奇跡の復活で再びチャンピオンに返り咲いた。

●高野孝子
カヌーと犬ぞりだけで北極海横断の旅を成功させ、旅の間世界中の子供達にパソコン通信でその様子を発信。その後環境教育家として、人と自然のあり方を体験から学ぶプロジェクトを始動。


ガイアシンフォニーを見ると、
経験に裏づいた言葉はシンプルで、とても説得力があると毎回思わされます。


第7番では、「霊性の原風景」という章があり、
大自然の目には見えない力を神とする日本神道の神事が描かれています。

私はちょうど去年の春、熊野古道の大峯奥駆道を歩いたときに、
このシーンに登場する弥山山頂、神倉神社や伊勢神宮にも参拝してきました。

まさに、自然を怖れ敬うという日本人の遺伝子に記憶されている源流を体感した旅でした。


人間は地球の一部であり、自然に生かされているという一貫したメッセージが
今回の作品からも伝わってきました。

ぜひ機会があったら見てほしい映画です。



Posted by Homa | comments(0) trackbacks(0)

春風@代々木公園

昨年、友達にさそわれて代々木公園の春のイベント
「春風」が復活したことを知りました。

その時はちょうど別のライブイベントの手伝いをしていて行けなかったのですが、
今年こそは3日の土曜日に行ってきました。


以前の春風は都会のど真ん中でトランスを爆音で流し、
インドのゴアから帰ってきたばかりの人や、
個性的な格好をしたトランス好きが集まり、
その年の日本のレイヴシーズンの幕開けという感じで、
それはそれはみんなテンション上がりまくりで、
何とも怪しげなイベントでした。


昨年から復活したNEW春風はガラッと雰囲気も変わり、
レイヴというよりはお祭りといった方がしっくりとくるような
平和をテーマとしたライブイベントとして生まれ変わっていました。


しばらくこういうイベントには行ってなかったのですが、
昨年同じく代々木公園のアースデイに久しぶりに行ったとき、
なんとも懐かしいような、帰ってきたという感じがしました。

とにかく私はこの種のイベントの雰囲気が好きで、
その会場にいるだけでどこか落ち着くというか、
自分の居場所がここにあるという気にさせてくれるのです。


私は長野県の大鹿村に4カ月ほど滞在していて、
この春風に合わせて前日に大鹿を出てきました。

春風には大鹿村で出会った人たちや
大鹿村つながりの人がたくさん来ていて、
私個人的にはとても楽しく、かなりハイテンションでした。

おまけに私が居候させてもらっていた家のタケルが、
自分の作った曲をこの春風のステージで最後にテーマソングとして唄うという
なんともおめでたいイベントでもあったのです。

※ちなみにタケルは「ANBASSA」というバンド名で
 全国各地のお祭りなどで活躍しています



私はタケルの出演時間以外はメインのステージにいることはなく、
ではどこにいたのかと言えば、夕方くらいから四つ打ちの音が鳴り始めた
ダンススサイトに一緒に行った友達と入り浸っていました。


やっぱり私は何年たっても四つ打ちで踊るのが好きなんです。



Posted by Homa | comments(0) trackbacks(0)
PROFILE


RECOMMEND
黎明
黎明〈上下巻〉
指導者用の教科書としても高い評価を得ている、精神世界の百科事典。悟りを得た人は世界をどのように見ているのか?数あるスピリチュアル関係の本の中でも本書は群を抜いています。
>この本について書いた記事を読む

呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想
呼吸による癒し
ブッダの教えに基づき瞑想のレベルを段階的にとても丁寧にわかりやすく解説している名著。瞑想の深さに応じて本書の価値も高まります。

ガイアの法則
ガイアの法則
古代シュメールの叡智(ガイアの法則)によれば、新しい文明の中心は東経135度線、つまり日本。宇宙原理、あらゆる生命体、時間と空間の謎が氷解する目から鱗の一冊。

タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域から迸る秘密の力 (5次元文庫)
タオ・コード―老子の暗号が語り出す
隠された老子の教えを古代より純粋に継承した、超意識へと覚醒した人々が暮らす秘境の村で、著者が体験したワンネス意識の詳細な描写は必読です。

世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
心の性質をとてもわかりやすい文章で表現しています。特に自我(エゴ)について書かれている章は必読です。

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
「今にある」ことに重点をおき、一冊まるごとエゴについて書かれた本です。

ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来 (5次元文庫)
ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来
ネイティブアメリカン長老の次元を超越した世界をリアルに表現したノンフィクション。トム・ブラウン・ジュニアの最高傑作。

私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ (超知ライブラリー)
私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ

ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ(改訂版)―
ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ

アミ 小さな宇宙人
アミ 小さな宇宙人
全3部作すべておすすめ!

あるヨギの自叙伝
あるヨギの自叙伝

神秘学概論 (ちくま学芸文庫)
神秘学概論

ミュータント・メッセージ (角川文庫)
ミュータント・メッセージ

アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年


CATEGORIES
RECENT ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
OTHERS


地球生活