ブログ「地球生活」は、「地球生活NEO」として生まれ変わりました。

地球生活NEO
http://neoearthlife.com


エコビレッジとは?


最近では、マンションやリゾート施設などの名前にも
「エコビレッジ」という言葉が使われたりしていますが、
そもそも「エコビレッジ」の定義とは何なのでしょうか。

エコビレッジ・ジャパンによると、

--------------------------------------------------------------------------------------------

エコビレッジとは、「お互いが支え合う社会づくり」と「環境に負荷の少ない暮らし方」を追い求める人々が作るコミュニティのことです。

お互いが助けあうという社会構造が徐々に崩壊し、地球の急激な環境悪化を食い止めようということへの参加意識が、エコビレッジへの原動力となっています。人々がもう一度地球につながり、無限の未来を信じられる健康で幸せなライフスタイルを確保できるコミュニティの中で生きることができるように、エコビレッジは今や意識的に世界中で創られています。

1998年に、エコビレッジは国連の選ぶ持続可能なライフスタイルのすばらしいモデルとして 「100 listing of Best Practice」(最もよい実践例の100のリスト)のひとつに初めて正式に名前が挙げられました。

<エコビレッジの特徴>
● 環境に優しい建築
● 自然エネルギーの利用
● 雨水や排水の循環再生で水を循環利用
● 地域通貨やコーポラティブ組合組織で、支え合う地域経済を実践

<主なエコビレッジ>
クリスタルウォーターズ(豪州)、ダマヌール(伊)、フィンドホーン(英国)、オーロビル (インド)、イサカ(米国)、スリランカ、その他、世界中で15,000ヶ所あるといわれています。

--------------------------------------------------------------------------------------------

と、あります。とてもわかりやすいですね。
私もあこがれるライフスタイルです。

「エコ」という言葉が付けば人が集まり、物が売れるという最近の風潮は、
地球環境に対して人々の意識が高まりつつあり喜ばしいことなのかもしれませんが、
中には、ただ利益追及を目的に「エコ」が利用されていることもあります。

本当の意味で「エコ」の意識が高まり、
上に引用したような本当の意味での「エコビレッジ」が少しずつでも増えていけば、
地球や人類の未来は明るいはずです。

すべてがエコビレッジの定義に当てはまっているかわかりませんが、
日本でもけっこうたくさんあるみたいです。

日本のエコビレッジデータベース


「エコビレッジ」は、科学を否定してただ昔の生活に戻るだけだ
という印象を持つ人もいると思いますが、必ずしもそうではなく、
自然エネルギーなどのように科学技術がさらに発達することで、
環境にかかる負荷はより少なくなっていく場合も多々あるわけですから、
むしろ科学技術は大いに利用すべきで、
技術の進歩はとても望ましいという立場でもあると思います。

そういう意味でも私は、「エコビレッジ」は未来型社会だと思っています。



Posted by Homa | comments(0) trackbacks(0)

自給型コミュニティ

自給型コミュニティというと、
レオナルド・ディカプリオが主演の映画「ザ・ビーチ」を思い出しますが、
1960年代のヒッピームーブメントのころからたくさんのコミュニティが作られ、
その多くが消滅しているという経緯があります。

そんな感じで、以前は「コミュニティ=ヒッピー村」
というイメージが強かったと思いますが、
最近は、いわゆる普通に社会生活を営んでいる人たちが、
大まじめに自給型コミュニティの構想を練っているという印象があります。

以前、「ユニアースプロジェクト」という未来型社会構想を紹介しましたが、
インターネットをしていたらそのほかにもまた新たなプロジェクトに出会いました。


■「癒しの郷」の社会構想(自給型コミュニティの連合社会)


これは現在の社会生活からいかに自然な形で
自給型コミュニティに移行するかという部分や、
その他、永続的なコミュニティにするための様々な工夫など、
いろいろな文献や事例を参考にしながら
とても緻密に計算され、練られたプロジェクトという印象を受けました。

驚くべきことに、すでに第1号コミュニティの施設の建設なども始まってるようです。

ぜひ一度ご覧ください。とても興味深いです。


「ユニアースプロジェクト」や「癒しの郷」は、
ただ単に未来型社会構想というだけではなく、
精神世界やアセンションについてもふれている点が共通していて、
人間が今後どうあるべきかということも言及しているところなど、
私をとてもわくわくさせ、新しい時代を感じさせてくれます。

田舎暮らしブームや農的生活人気などは、
ここ数年少しファッション的な雰囲気も感じますが、
すべてはアセンションを背景にした時代の流れの中で、
徐々に新しい未来型社会へと移行しつつあることの
あらわれだと私は考えています。

私が自給自足的な生活に憧れを抱く理由には、
お金を出せば何でも手に入る資本主義というシステムの負の部分が、
多くのムダを生み、この瞬間も環境を破壊し、
毎日想像を絶するほどの量の食料が廃棄されているといった、
挙げればきりがないこの悪循環を断ち切りたいという思いもあるんですが
それだけではなく、やはり自然のリズムの中で毎日を生きることで、
宇宙や地球と常につながっていたいという強い願望が根本にあります。


自給型コミュニティは日本だけでなくすでに世界中にたくさんあって、
今後自給自足を志向する人が増えて行くに比例して、
自然とコミュニティが形成されその数はさらに増えていくと私は思っています。



Posted by Homa | comments(0) trackbacks(0)

バリ島モデル

アセンションというと、2012年という年を思い浮かべる人も多いと思いますが、
実はもうすでにアセンションしている国、というか民族や個人がいるという話も
ちらほら出ているようです。

その一つは、バリ島のある民族だといわれていますが、
私は農業や自給自足、未来型社会についてインターネットでいろいろと調べていたときに
とても興味深い資料を見つけました。

その内容が「バリ島モデル」というものです。

宮内勝典さんという方が「ぼくらの智慧の果てるまで」という著書のなかで
書いている一節からの抜粋のようなのですが、そのまま転載させていただきます。

------------------------------------------------------------------
「僕が今ぼんやりと考えているのは、バリ島型の社会です。バリ島では朝早く水田で働いて、暑い昼は休憩して、夕方になるとそれぞれが芸術家に変身する。毎日、村の集会所に集まって、音楽や踊りを練習をする。あるいは、絵画や彫刻に精魂を傾ける。そして十日ごとに祭りがやってきて、それぞれの技を披露しあい、村人たちが集団トランスに入る。そして翌朝は水田で働き、夕方には芸術家になり、十日ごとに集団トランスに入る。

村人一人一人が、農民であり、芸術家であり、神の近くにも行く。つまり一人一人が実存の全体をまるごと生きる。僕はこのバリ島モデルを、人類社会のモデルにすることはできないか、過去に戻るのではなく、未来社会に繋ぐことはできないか暗中模索しているところです。」
------------------------------------------------------------------
参照:半農半X-資料集-1
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/3673/Materials/Materials-1.htm#Bari


芸術的な感性を持っている人や、農や田舎、自然に意識が向いている人というのは、
比較的スピリチュアルに関心がある傾向にあると私は思っているのですが、
この「バリ島モデル」が未来社会の一つのヴィジョンだとすれば、
それはとても納得がいくことです。

私はこの記事を読んで、バリ島の民族がすでにアセンションしているという話が、
とても信憑性のあることだと感じました。



Posted by Homa | comments(0) trackbacks(0)

ユニアースプロジェクト

アセンションや21世紀のこれからの地球が
より理想的な方向へ進んでいくためのカギは日本が握っているという話を
見たり聞いたりしたことがある人も多いかと思います。

もしこれが日本人だけが言っていることなのだとしたら、
ただのナショナリズムというか右翼思想として片づけられてしまうのでしょうが、
日本人以外の人の中にも、同じような発言をしている人は少なくありません。

ただ、どういう形で日本がそこに関係してくるのか、
その具体的なことについてはそれぞれ見方があるようですが、
それこそいろんな形でアクションを起こしていくのかもしれません。


そのアクションの一つとして今回紹介したいのが、
ユニアースプロジェクト」です。


私はこのプロジェクトに何か関係しているわけではなく、
インターネットでたまたま知っただけなんですが、
他に類を見ないヴィジョンが示されていると感じました。

現代社会が明らかに間違った方向に進み、
崩壊が目前まで来ていると感じている人は多いと思います。

それをただ傍観しているだけではなく、
社会のため、地球のために自分にはいま何ができるのかを
真剣に考えている人にとってこのプロジェクトは、
頭の中のいろんなもやもやしたものを
すっきりと整理してくれるような感じがするかもしれません。

別の言い方をすれば、ぼんやりとなんとなく頭の中でイメージしていたことを
具体的に示してくれているといった感じかもしれません。

何はともあれ、まず知ってみてください。


プロジェクトを知って、理解し、共感したら周りの人に伝える。


私は日本発のこの流れが世界を変えていくことを期待しています。



<1時間20分くらいあります>



Posted by Homa | comments(0) trackbacks(0)
PROFILE


RECOMMEND
黎明
黎明〈上下巻〉
指導者用の教科書としても高い評価を得ている、精神世界の百科事典。悟りを得た人は世界をどのように見ているのか?数あるスピリチュアル関係の本の中でも本書は群を抜いています。
>この本について書いた記事を読む

呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想
呼吸による癒し
ブッダの教えに基づき瞑想のレベルを段階的にとても丁寧にわかりやすく解説している名著。瞑想の深さに応じて本書の価値も高まります。

ガイアの法則
ガイアの法則
古代シュメールの叡智(ガイアの法則)によれば、新しい文明の中心は東経135度線、つまり日本。宇宙原理、あらゆる生命体、時間と空間の謎が氷解する目から鱗の一冊。

タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域から迸る秘密の力 (5次元文庫)
タオ・コード―老子の暗号が語り出す
隠された老子の教えを古代より純粋に継承した、超意識へと覚醒した人々が暮らす秘境の村で、著者が体験したワンネス意識の詳細な描写は必読です。

世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
心の性質をとてもわかりやすい文章で表現しています。特に自我(エゴ)について書かれている章は必読です。

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
「今にある」ことに重点をおき、一冊まるごとエゴについて書かれた本です。

ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来 (5次元文庫)
ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来
ネイティブアメリカン長老の次元を超越した世界をリアルに表現したノンフィクション。トム・ブラウン・ジュニアの最高傑作。

私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ (超知ライブラリー)
私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ

ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ(改訂版)―
ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ

アミ 小さな宇宙人
アミ 小さな宇宙人
全3部作すべておすすめ!

あるヨギの自叙伝
あるヨギの自叙伝

神秘学概論 (ちくま学芸文庫)
神秘学概論

ミュータント・メッセージ (角川文庫)
ミュータント・メッセージ

アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年


CATEGORIES
RECENT ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
OTHERS


地球生活