ブログ「地球生活」は、「地球生活NEO」として生まれ変わりました。

地球生活NEO
http://neoearthlife.com


<< こんにゃく収穫アルバイト@群馬 | home | ヴィパッサナー瞑想 奉仕と生徒の1ヶ月@千葉 >>

山の民サンカ(山窩)と五木寛之「風の王国」

サンカ(山窩)とは、川魚や山の幸などを狩猟採集しながら、
季節に応じて日本の山の中を放浪生活していた人々のことです。

セブリ(瀬降り)といわれ、独自のテントを張って生活することもあり、
竹細工で農作業に使う箕を作ったり直したりして里の人とも交流があったそうです。

日本が急速に近代化される中でも戸籍を持たず、
昭和に入ってからもその生活スタイルを続けていたといわれています。


私はアイヌ関係の本の中で、このサンカという人々の存在をはじめて知りました。

日本の原住民といわれる縄文人は、大陸からの渡来人である弥生人に住むところを奪われ、
山間部や東北、北の大地へと追いやられていったという歴史がありますが、
一説ではアイヌは縄文人の末裔とも言われています。

そして、このサンカと呼ばれる人々もアイヌと同様に原日本人だという人もいます。


西表島でのキャンプの記事などでも書きましたが、
私には自然と一体化したい、自然の中で生きたいという欲求があり、
究極は自然の中に身ひとつでほっぽり出されても生きていける術を身につけたい
という願望があります。

また、私は迷うことなく海より山が好きで、住むなら森や山の中がいいと思っています。

映画「もののけ姫」のなかで主人公のアシタカが
旅立つ前に暮らしていたような集落で生活するのが私の理想です。

そんなところから、私はサンカの人々が山の中を縦横無尽に移動しながら
生活をしていたというところに大変興味があるのです。

しかも、昭和に入ってもそういう人たちがいたというのが驚きです。

ちなみに、アシタカは大和朝廷に追われて北の地の果てに隠れ住んでいた
エミシ(蝦夷)という設定なんだそうですが、蝦夷は日本の土着民ですので、
アシタカも縄文人を祖先に持つといわれるアイヌやサンカと同様、
原日本人ということになるのです。

サンカについていろいろ調べてみると
私の興味のあることがらが、すべて縄文や原日本人というキーワードで
結びついてることがわかりました。


さらに、サンカのことがとてもうまくわかりやすく書かれている参考資料として、
五木寛之の「風の王国」というサンカを題材にした小説があることを知り、
早速読んでみました。

「風の王国」では、サンカは現代になっても
二上山を聖地とする二上講として存在しているという設定で、
山伏や修験道のような集団という感じで描かれていてます。

読んでいるとつい、そういう団体が実際に存在するような気にさせられます。


二上講では「歩く」という行為が行のひとつとされていますが、
五木寛之さんはこの小説で、サンカを題材にして
「歩く」ということをひとつのテーマとして書きたかったと語っています。

私は機会があれば登山もしますが、
山を歩くという行為が何か神聖な感じがしながらもどこかで修行のような感覚があり、
普通は5合目から登る富士山もわざわざ麓から登ってみたり、
修験道の修行の道として知られる熊野古道の大峯奥駆道を縦走してみたりと、
過去世では修験者だったことがあるのではと自分で思うこともあります。

富士山も奥駆道もとにかくひたすら歩いたという記憶があり、
歩くことがひとつの行とされるのは理解できる気がします。

比叡山に千日回峰行という荒行があり、私も前から気になっていたのですが、
五木さんはその行を満行した僧と合って話したこともあるそうで、
「風の王国」はそんなところともつながりがあるのかもしれません。

もちろん、サンカの精神性や歴史などいろいろ詳しい記述もあるので、
興味ある方にはおすすめの本です。



また、以下のサイトもとても参考になります。

サンカ(山窩)を考える
http://www.kumanolife.com/History/kenshi1.html

山窩(サンカ)とは何か
http://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-23.html

サンカの最後の一人という人の記事
http://www.gyouseinews.com/index.php?option=com_content&view=article&id=63:2009-07-09-00-51-51&catid=35:2009-07-08-21-53-34&Itemid=56


Check このエントリーをはてなブックマークに追加



Posted by Homa | comments(1) trackbacks(0)
comments
椎の実を実際に食べ、オニグルミをわり、栃の実のアクヌキなどは気が遠くなるほどの手間。米ではなく蕎麦がきと干した山菜の鍋。憧れと実際は違います。
ごいむ | 2012/10/21 09:53









trackbacks
URL:http://earthlife.jugem.jp/trackback/64
PROFILE




RECOMMEND
黎明
黎明〈上下巻〉
指導者用の教科書としても高い評価を得ている、精神世界の百科事典。悟りを得た人は世界をどのように見ているのか?数あるスピリチュアル関係の本の中でも本書は群を抜いています。
>この本について書いた記事を読む

呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想
呼吸による癒し
ブッダの教えに基づき瞑想のレベルを段階的にとても丁寧にわかりやすく解説している名著。瞑想の深さに応じて本書の価値も高まります。

ガイアの法則
ガイアの法則
古代シュメールの叡智(ガイアの法則)によれば、新しい文明の中心は東経135度線、つまり日本。宇宙原理、あらゆる生命体、時間と空間の謎が氷解する目から鱗の一冊。

タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域から迸る秘密の力 (5次元文庫)
タオ・コード―老子の暗号が語り出す
隠された老子の教えを古代より純粋に継承した、超意識へと覚醒した人々が暮らす秘境の村で、著者が体験したワンネス意識の詳細な描写は必読です。

世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
心の性質をとてもわかりやすい文章で表現しています。特に自我(エゴ)について書かれている章は必読です。

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
「今にある」ことに重点をおき、一冊まるごとエゴについて書かれた本です。

ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来 (5次元文庫)
ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来
ネイティブアメリカン長老の次元を超越した世界をリアルに表現したノンフィクション。トム・ブラウン・ジュニアの最高傑作。

私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ (超知ライブラリー)
私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ

ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ(改訂版)―
ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ

アミ 小さな宇宙人
アミ 小さな宇宙人
全3部作すべておすすめ!

あるヨギの自叙伝
あるヨギの自叙伝

神秘学概論 (ちくま学芸文庫)
神秘学概論

ミュータント・メッセージ (角川文庫)
ミュータント・メッセージ

アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年


CATEGORIES
RECENT ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
スポンサードリンク

OTHERS


地球生活