ブログ「地球生活」は、「地球生活NEO」として生まれ変わりました。

地球生活NEO
http://neoearthlife.com


<< 「ガイアの法則」「タオ・コード」 千賀一生 著 | home | 軽バンの旅 2012 春 >>

「わの舞」を体験

「タオ・コード」、「ガイアの法則」に衝撃を受け、
早速、著者の千賀一生さんが主宰する「わの舞」を体験してきました。

(「わの舞」についての説明はホームページを参照してください。)


千賀さんがいらっしゃる回にはタイミングが合わなかったので、
講師の方が指導する初心者講習会というものに参加してみました。

日曜日だったこともあってか、意外とたくさんの人(30人くらい?)が来ていました。


子どもの頃は学校行事などで踊りを踊る機会もありましたが、
大人になってからは私の場合もっぱらトランスパーティーなどで四つ打ちのリズムに
ハイテンションで思いのままに自己表現として踊るという経験しかないので、
みんなで同じ踊りを踊るということがそもそも新鮮でした。


「わの舞」には、御柱の舞、原始の舞、歩みの舞、そして一番新しい龍神の舞の
4種類の踊りがあり、それらをすべてひととおり(龍神の舞は前半部分)踊りました。



わの舞(御柱の舞)


ネットで体験談を読んでみると、「懐かしい感じがした」という感想を良く見かけますが、
私もなんとなくそれがわかる気がしました。

もちろんどの舞も音楽に合わせて踊るので、
太古の時代を想像させるその壮大な音楽の持つイメージに先導させられている部分も
少なからずあるとは思います。

また、自分で作り上げたイメージに入り込んでそれに酔ってしまっている可能性も
もしかしたらあるかもしれません。

しかし、それだけではない何かがあるような気がするのです。


「わの舞」という名前は文字通り、「輪」になって踊ることからきていると思いますが、
この輪になって踊る形式はキャンプファイヤーを囲んで、
マイムマイム、ジェンカ、オクラホマミキサーなどを踊ったり、
夏祭りのやぐらを囲んで盆踊りを踊ったりと日本でも馴染みがあります。

ただ、同じ「輪」になって踊るという形でも、
わの舞にはそれらと大きく異なる点があるのです。


それは、中心軸を意識するということです。


自分の中心軸、輪の中心軸を意識しながら踊ることが、
わの舞の最大の特徴だと今回参加してみて強く感じました。

私はわの舞を踊っているととても神聖な気持ちになるのですが、
それもこの輪の中心軸を意識することからくるのだと思います。

輪の中心に精霊を宿すという考え方がその背景にあり、
振り付けも輪の中心を意識したものになっています。


私は今回はじめての参加でしたが、いわゆるワンネス意識の入口を
針穴からのぞき見たような感覚を御柱の舞を踊っている時に体験しました。

御柱の舞の中にはみんなで手を取り合って、小走りをしてスピンする場面があります。

何回か踊って少し慣れてきたくらいのとき、
私は指示通り輪の中心軸を意識しながらその流れに自分を合わせるように走っていると、
自分が全体の中の一部という感覚が強くなり、それと同時に
個である自分という意識がどうでもよくなってしまうというか、
個である意識が薄くなっていく感覚をほんの一瞬ではあったけど、はっきり感じたのです。

輪の中心軸に個である自分の意識が吸い取られていくような、吸収されるような感じでした。

その輪に参加できていることに心の奥の方で静かで深い喜びを感じました。


今回は、まだ「次は何だっけ?」とか「どっちの足だっけ?」とか考えながら、
そちらに気を取られている部分がかなりありました。

これが回数を重ねて、考える間もなく体が勝手に動くくらいの状態になり、
輪の中心軸や自分の中心軸、振り付け一つ一つのエネルギーの動きなどを
しっかりと意識して踊れるようになり、さらにそんな人が輪の中にたくさんいる
という状況ができれば、その輪はすごい意識の状態になりそうだということが、
今回の経験からなんとなく想像できるようになりました。


何事も体験こそ真理です。


今後も機会があれば講習会や練習会に参加して行きたいと思っています。
Check このエントリーをはてなブックマークに追加



Posted by Homa | comments(2) trackbacks(0)
comments
明石のわの舞に行ってきましたが、なんか邪教カルトの匂いがプンプンでした。たのしみにしてたけど残念でした。講師の前川剛一の人間性は驕りたかぶり、人の上に立つべき人間ではなかった。友人も皆、気持ち悪がっていた。
カルト | 2013/08/08 00:20
たしかにみんな白っぽい服着てるし、ちょっとカルト教団ぽいと思われるのはわからなくもないです(笑

受け取り方は人それぞれだと思います。講師も相性が合う合わないあるかもしれません。

ただ、大事なのは「わの舞」を踊るという行為そのもの。

わの舞のことを知らない人もたくさんいる中で、せっかく興味を持たれたわけですから、また別の機会を設けてみてはいかがですか?

わの舞を踊っている時、自分の心、体に何を感じるか。

そこに意識を向けることが私は大切だと思います。
Homa | 2013/08/23 21:27









trackbacks
URL:http://earthlife.jugem.jp/trackback/69
PROFILE




RECOMMEND
黎明
黎明〈上下巻〉
指導者用の教科書としても高い評価を得ている、精神世界の百科事典。悟りを得た人は世界をどのように見ているのか?数あるスピリチュアル関係の本の中でも本書は群を抜いています。
>この本について書いた記事を読む

呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想
呼吸による癒し
ブッダの教えに基づき瞑想のレベルを段階的にとても丁寧にわかりやすく解説している名著。瞑想の深さに応じて本書の価値も高まります。

ガイアの法則
ガイアの法則
古代シュメールの叡智(ガイアの法則)によれば、新しい文明の中心は東経135度線、つまり日本。宇宙原理、あらゆる生命体、時間と空間の謎が氷解する目から鱗の一冊。

タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域から迸る秘密の力 (5次元文庫)
タオ・コード―老子の暗号が語り出す
隠された老子の教えを古代より純粋に継承した、超意識へと覚醒した人々が暮らす秘境の村で、著者が体験したワンネス意識の詳細な描写は必読です。

世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
心の性質をとてもわかりやすい文章で表現しています。特に自我(エゴ)について書かれている章は必読です。

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
「今にある」ことに重点をおき、一冊まるごとエゴについて書かれた本です。

ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来 (5次元文庫)
ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来
ネイティブアメリカン長老の次元を超越した世界をリアルに表現したノンフィクション。トム・ブラウン・ジュニアの最高傑作。

私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ (超知ライブラリー)
私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ

ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ(改訂版)―
ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ

アミ 小さな宇宙人
アミ 小さな宇宙人
全3部作すべておすすめ!

あるヨギの自叙伝
あるヨギの自叙伝

神秘学概論 (ちくま学芸文庫)
神秘学概論

ミュータント・メッセージ (角川文庫)
ミュータント・メッセージ

アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年


CATEGORIES
RECENT ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
これからの時代、いつどうなるかわかりません。備えあれば憂いなし。自給自足にも役立ちそうな私が注目している商品です。


★万能粉石鹸 ピリカレ
使えば使うほど川や海がきれいに!洗濯にはもちろんの事、食器洗い、ひどい油汚れ(換気扇など)、お風呂洗い、ベット入浴、洗車、車内の消臭、農業・園芸・家庭菜園の害虫対策(農菜・肥料の代替)にも使えます。また、メダカの餌になるほど安全です。



★手帳型ソーラーパネル充電器
アウトドア、キャンピング、旅先、災害時などに大活躍。携帯電話、ゲーム機・音楽再生機など屋外で簡単にソーラーパネルを設置!充電時間は、晴天時ならたったの2〜3時間です。



★イワタニ カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-2
コンビニでも手に入るカセットガス使用の軽量コンパクトシングルバーナー。キャンプ、登山、災害時の火の元確保に最適。
スポンサードリンク

OTHERS


地球生活